学生団体TAJIMI UNITED 足立龍紀氏【学生×ながせ商店街コラボイベント】

こんにちは!地域若者応援ファンド事務局の岩月です!

さあ、今日も支援先を紹介していきますよー。
========================
支援先の紹介その②
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
資金支援先
学生団体TAJIMI UNITED 足立龍紀氏
事業名:学生×ながせ商店街コラボイベント
========================

日本一アツい町、多治見

多治見市は岐阜県の東南、いわゆる東濃に位置しています。
2008年の夏に日本国内の最高気温となる40.9℃を観測し、以来、「日本一暑い町」として観光誘致活動を行っています。埼玉県熊谷市と並んで名前は聞いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。
また、多治見は陶器でも有名です。全国に出回っている陶磁器の4割超が多治見市を中心に生産されている美濃焼なんだとか。
街中にも工房やギャラリーが点在し人々の暮らしに根付いていることが分かります。

[毎年4月に行われる陶器まつり。陶器商が軒を連ね、来場者は20万人にも上る。]

インターンシップをきっかけに、多治見に惚れ込む

さて、そんなアツいまち多治見で、アツい活動をしている学生が、今回助成金を獲得した学生団体TAJIMI UNITED代表の足立龍紀(あだち たつのり)さんです!

足立さんは2012年春、多治見まちづくり株式会社でのインターンシップで、多治見のメイン商店街であるながせ商店街が開催する朝市「かっぱ市」の活性化に取り組みました。
自宅も通う大学も愛知県にある足立さん。インターンシップをするまでは多治見に何の縁もありませんでした。しかし、インターンシップで出会った多治見の人々や多治見というまちに深く関わるうちに愛着が湧き、多治見が大好きになっていったそうです。
インターンシップ終了後、多治見に惚れ込んでいた足立さんは、もっと多治見の魅力を若い人に伝えたい、商店街をもっと活気あるものにしたい、その想いから、8月に友人と学生団体TAJIMI UNITEDを立ち上げました。

地域の人を知ることで、その地域のリピーターに

そんなTAJIMI UNITEDから今回ファンドにご応募いただいた事業は、
【学生×ながせ商店街コラボイベント】
です!
学生×ながせ商店街コラボイベントは、TAJIMI UNITED所属の学生が、ながせ商店街の各店舗に関連したイベントを企画し、店主さんと学生が一緒になってそのイベントを実行するというものです。多治見のメイン商店街、ながせ商店街には、おもしろい店主さんや魅力ある商品を扱うお店がたくさんあります。足立さんは、人とのふれあいの中で多治見の魅力に気づいていった経験から、モノだけでなく店主の人柄も含めて多治見を知ってもらいたい、そして多治見を訪れるリピーターになってほしいと考えました。そのために、お祭りのようなただ単に商店街という「場所」にたくさんお客さんを呼び込むという種のものではなく、体験講座のような個々のお店の魅力が伝わるものを企画中だそう。

[多治見のゆるキャラ、うながっぱとながせ商店街]
インターンを通じて学生が地域の人のあたたかさに触れ、それまで縁のなかった地域に愛着を持つ。そこでうけた恩を、そのまちのためのチャレンジという形でまちに還元する。
地域での「経験」「縁」が若者の財産になり、その「若者自身」が地域にとっての財産になる。
今、様々な地域で取り組まれている「まちづくり」ですが、足立さんのストーリー、TAJIMI UNITEDの取組みには他の地域でも応用できそうな要素が詰まっているのではないでしょうか。
なお、TAJIMI UNITEDでは、学生×ながせ商店街コラボイベント以外に「おしゃべりかふぇinたじみ[写真]」というワールドカフェ形式のディスカッションを開催し、若者に対し地域貢献の意識を高める活動や多治見の魅力を「多治見の魅力発信局」というFacebookページやブログで発信していく活動などを行っています。
[おしゃべりかふぇinたじみの様子]
また、TAJIMI UNITEDは多治見に住んでいる住んでいないを問わず、新メンバーを募集
しているとのこと。

興味を持った方、お問合せお待ちしています!

(G-net 岩月)
*********************************************
地域若者応援ファンドでは、寄付をしてくださった方に向けて事業進捗のメールを配信しています。
助成先の最新情報が欲しい!
岐阜を盛り上げたい!
岐阜のおもしろ情報が知りたい!
そう思った方はぜひ、ご支援をお願いします。
一口1,000円から受け付けております。
寄付について詳しくはこちらから
*********************************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>